G1

【G1・予想】2019年・有馬記念

【G1・予想】2019年・有馬記念

 

どうも、ryoちんです。

 

中山芝2500mで行われる、G1・有馬記念の予想です。

 

いよいよ年末年始に入り、仕事もプライベートも忙しくなってきましたが、”競馬総決算”と言っていいレースですし、いつも以上に的中したいレースですね!

 

【G1・有馬記念】予想・ポイント

 

まず、今年のポイントはアーモンドアイでしょう。

 

現役最強クラスの馬ということで、この馬の凄さについては今さら僕が語ることはないので割愛しますが、この馬の最大の長所はもう一度確認しておきましょう。

 

それは、

 

ペース関係なく速い上り脚が使える

 

だと思います。

 

レコード決着となったJC然り、距離を縮め道中のペースも相当速かった安田記念天皇賞秋と、同じような位置にいた馬とは上り3Fだけ見ても0.5秒ぐらい速いことが分かります。(下記参照)

この特徴は近年で言えば、ドゥラメンテが近いタイプだったと言えると思います。

 

つまり、

 

ペース関係なく速い上り脚が使える=安定感がある(不発が少ない)

 

ので基本的には軽視するのは危険です。

 

…って理屈抜きでそれはもぉみんな分かってますね笑

 

まぁ、一応自分に言い聞かす意味というのもあるので書いておきます。

 

次に”レース展開”ですが、アーモンドアイをマークするような馬が多くなるかと思います。

 

特にそうなりそうな人馬が、サートゥルナーリア(スミヨン)ヴェロックス(川田)、キセキ(ムーア)、アルアイン(松山)シュヴァルグラン(福永)の外枠勢はもちろん、レイデオロ(三浦)もテン乗りの分、何かを目標にしたいと思いますし、リスグラシュー(レーン)も意識することは間違いないでしょう。

 

これだけの馬が一頭をマークして起こりそうなことは、

 

馬の渋滞

 

です。

 

アーモンドアイをマークして馬群が固まる分、内を突いて抜け出すというのは難しくなりそうですし、「内を突けば詰まり」「外を回せばロスが大きくなる」と思います。

 

…となると、どの位置の馬が有利になりそうなのかは、もぉ想像出来てきましたね!?

 

それでは、

 

①アーモンドアイをマークする馬が多数=馬の渋滞=追い込み馬は内は突けず、外を回すとロス大

②展開利はアーモンドアイよりも前にいる馬=それが出来る(狙える)騎手

③アーモンドアイが大崩れすることは考えにくい

 

以上のポイントを重視して予想へ。

 

【G1・有馬記念】予想・根拠

 

上記で説明した通り、

 

②展開利はアーモンドアイよりも前にいる馬

 

となれば、”隊列”の予想が肝です。

 

そこで、それを予想すると、


(進行方向は左向き)

こんな感じ。

 

では、この隊列から最も展開利がありそうな馬、それが◎⑭ヴェロックス(川田)です。

中途半端な枠ではなく、「外枠」が当たったのも逆に良い方向に出そうで、「2015年宝塚記念」時にラブリーデイでしたような騎乗が出来れば勝ち切るチャンスまで十分にある・・・と。

アエロリットが飛ばし気味に逃げれば、今まで良く見た光景「逃げ馬だけがHペースで後続は実質スローペースでした(テヘペロ)」展開が濃厚な今年の有馬。

2年連続でクラシックで涙を呑んだ馬の悲願に期待したい。

 

相手本線にはアエロリットを推したい。

この馬がそれなりに飛ばして後続は実質スローペースなら、何よりも「位置取り」の時点でノーチャンスの馬が出ておかしくはない。

つまり、毎回レース上りで同等の上り脚で逃げ粘るこの馬の好走確率は人気以上に十分にあると予想しこの評価。

 

次点にアーモンドアイ

こちらは説明不要で冒頭の通り不発の少ない馬。

しかし、ペースは関係ないが小回りの分、今までのような抜けた上り脚は出ないと判断し、なおのこと前の馬にチャンスがあると思っています。

 

【G1・有馬記念】印・馬券

 

◎ヴェロックス
〇アエロリット
▲アーモンドアイ
☆リスグラシュー
△スワーヴリチャード
×スティッフェリオ
×サートゥルナーリア
×キセキ

馬券は◎~〇▲☆の馬連が勝負馬券で、三連系は◎▲の二頭軸を大本線としたいです。

 

さぁ、豪華メンバーの有終の美を楽しみに観ましょう!^^