G1

【G1・予想】2019年・朝日杯FS<結果追記済み>

【G1・予想】2019年・朝日杯FS

 

どうも、ryoちんです。

 

阪神芝1600mで行われる、G1・朝日杯FSの予想です。

 

今週は週中の記事をUPできませんでしたが、基本的な考え方は先週末の阪神JFと似ているかと思いますので、宜しければご参考ください。

 

 

まず、阪神JFでは、

 

上り3F

 

が重要視されましたが、牡馬に変わると、

 

立ち回り=先行力

 

が割と重要視されます。

 

過去には、クリノガウディー内枠から好走し、ボンセルヴィーソ逃げて3着に好走しました。

 

つまり、前週に阪神JFがある分、騎手の心理的はもちろん、馬券購入者の心理的にも、

 

「末脚が届く」

 

と認識されがちで、

 

 

先行馬が「レース」や「人気」の盲点になりやすい

 

 

と言えるのではないでしょうか。

 

さらに今年は、先週の阪神JF逃げた馬が勝利しましたし、レコード決着がバンバン飛び出す今の阪神馬場なら、

 

ロスなく走れた馬有利=内枠有利

 

と言えると思います。

 

まとめますと、

 

内枠の先行馬有利=ロスなく回ってくる馬を狙え

 

です。

 

【2019年・朝日杯FS】予想と根拠

 

逃げるのはおそらく内枠のビアンフェ

 

二の脚が抜群に速いので、簡単にハナを奪えると予想。

 

初のマイル戦ということで今までのような「ぶっ飛ばし逃げ」ではなく、もう少しゆったり目の逃げになると思われ、この馬の近くにいることが一番展開利を得られると予想します。

 

本命は隣枠のペールエールです。

前走の踏ん張りよりも、新潟2歳Sで先行してしぶとく脚を伸ばしてきた方を評価したい。

平坦コースということで勝ち馬の決め手にこそ屈しましたが、ダイワメジャー産駒得意の急坂コースなら、他馬よりもこの馬向き。

上手く先行さえすれば結果はおのずとついてくるはず。

 

相手本線にはタイセイビジョン

前走は東京芝1400mでしたが、ゴール後もまだまだ伸びていくような手応えでマイルへの延長も問題なさそう。

その分、今の高速馬場でも心配ないし人気の中ならこの馬を一番手に。

 

次点にトリプルエース

前走は最後ドン詰まりで追い出し遅れて、完璧に内を突いた勝ち馬と0.4秒差なら逆転の目はある。

ビュイック騎手に乗り替わって前付け・内ロスなくならチャンスはあっても。

 

人気のサリオスは飛んでもおかしくない。(…と書くと大丈夫になることが多いけど

基本的に伸び伸び走ってこそのタイプで、阪神マイルの急坂でも同じような走りができるかは少し疑問。

初の関西遠征でもあるし、これだけ抜けた人気なら疑ってみたい。

 

【G1・朝日杯FS】印と馬券

 

◎ペールエール
〇タイセイビジョン
▲トリプルエース
☆ビアンフェ
△サリオス
△ウイングレイテスト
△レッドベルジュール
△ジュンライトボルト

 

思ったよりも力関係に差は無いと判断し広めで受けます。

 

勝負は◎~馬連。

レース結果から次走注目馬

1着:△サリオス
2着:〇タイセイビジョン
3着:無グランレイ

 

本命馬が最下位に沈んでドウニモナラズ。。。

 

ビアンフェが積極的に飛ばしたことで、「短距離向き>中距離向き」の馬に向いたレースだったかと思います。

 

こういう高速決着レースになると、ダート勝ち上がりのタガノビューティーが4着に来たように「ダートで好走している馬の期待値が上がる」のは覚えておきたいですね。

 

勝ち馬のサリオスは正直クラシックよりもマイル向きっぽいです。

 

また、次走注目馬としては逃げて6着まで粘ったビアンフェを。

 

流石に今回はペースが速すぎたと思いますが、マイペースなら距離もこれぐらいまで持ちそうですし、引き続き注意したい馬です。

簡単回顧

◆高速決着で短距離馬向きだった。

次走注目馬

ビアンフェ

⇒今回は流石にHペース過ぎた。マイペースなら巻き返し期待。