結果

【先週の結果】2019年・アルゼンチン共和国杯の結果と今週の考察

【先週の結果】2019年・アルゼンチン共和国杯の結果と今週の考察

 

どうも、ryoちんです。

 

先週は連続G1開催の中休みといった開催日でしたが、アルゼンチン共和国杯みやこSが行われましたね。

これから始まるG1レースへのステップとなる注目のレースでしたので、出走した馬は着順も度外視で今後も注目していきたいです!

 

ではまずは先週のnote結果を。

 

note結果と次走注目馬の紹介

 

 

note結果は上記通りの3R購入で0的中。。。

 

京都10Rは◎メイショウヤクシマが伸びてくるも、最後の直線で詰まってしまい進路確保に手間取り、脚余すような負け方でしたので少し悔しい結果でした><

 

まぁ毎回出遅れていますので、あれがあの馬の限界なのかもしれませんが、末脚には確かな力があるのでまたチャンスはあるかと思います。

 

そして、このレースから次走注目馬をピックアップしますが、それは逃げて沈んだプレシャスルージュ

結果的には9着まで着順を落としましたが、ラスト1F目まで粘りとおしていたように1200ならチャンスは相当高いと思います。

特に雨が残る重馬場での成績が良いので、得意条件なら強く狙いたいです!

 

【G2・結果】2019年・アルゼンチン共和国杯の結果から

 

そして、予想も記事で公開していた重賞・アルゼンチン共和国杯の結果は予想記事に追記していますので併せてご覧ください。

 

何度か見直しましたが、ルックトゥワイスなんかはザ・前哨戦な負け方でしたが、やはり気になるのはメンバーレベル

個人的にはそれほど威張れる相手でもないので、いくら前哨戦でももう少し恰好を付けたかったところではないかなと思います。

 

もちろん、勝ち馬ムイトオブリガードは先行して楽勝ですのし、春も強い馬相手に善戦していた分から成長があれば次走がG1でも注目しておきたいところ。

 

【G1・考察】2019年・エリザベス女王杯

 

このレースの1番の特徴は、

 

名牝が勝ちきれない

 

というところです。

 

実際に過去に名牝と呼ばれる、ブエナビスタアパパネミッキークイーンなどが勝ち切れない結果ばかりで、牝馬クラシックを制した馬よりもクラシックで泣いた馬の巻き返しが起こるレースという観点から予想していきたいと思います。

 

また、人気上位を占めそうな3歳牝馬が強いレースではありますが関連性で言えば、

 

秋華賞>オークス≧桜花賞

 

のようなイメージでいいと思います。

 

なので適正を考えれば、

 

クロノジェネシス>ラヴズオンリーユー

 

で良いと思います。

 

しかし、個人的には4歳世代に注目です。

 

ラッキーライラックスカーレットカラーなど、王道コースから少しズレたレースで好走している馬も多く、他にもウラヌスチャームサトノガーネットサラキアなどにもチャンスはありそうなので、データ的に売れそうな3歳世代よりも4歳世代に注目したいレースです。

 

では、詳しい予想は土曜日に更新しますので、枠順発表まで楽しみに待ちましょう^^